MENU

はじめに

タップダンスは、視覚と聴覚に訴えるものすごく楽しいダンスです。
テクニックは練習量に比例し、楽しさや達成感がダイレクトに実感できます。
そして、体がビート感あふれる楽器となります。

タップダンスの歴史

タップダンスのルーツは、イギリスの民族舞踊でランカシャー・ヨークシャーの鉱夫が行う伝統的なクロックダンス(木底靴)に、オランダ人によって金具がつけられたと言われています。
1840年代アイルランドの移民たちによって、ショー的に劇場で紹介され一般大衆にアピールされていきました。また、ジャズの音楽とともにアメリカに渡り、黒人のボートビリアンによって広まり、エンターテイメント性が高まっていきました。
そして、ビルロビンソン、黒人タップダンサー(ミスターボージャングル)が出現。その後、フレッドアステア、ジーンケリーなど白人の天才的なタップダンサーがMGMミュージカルを飾り、タップダンスの黄金時代がやって来たのです。

タップダンスのスタイル

大きく分けると、ブラック系とシアター系に分けられます。日本では、映画「座頭市」がビート感あふれるブラック系です。 「雨に歌えば」や「トップハット」に代表されるブロードウェイミュージカルのシアター系では、華やかな上半身のムーブメントが見受けられます。これは、バレエの要素やジャズダンス、社交ダンスのエッセンスを取り入れスイングジャズにのせるなど、とてもおしゃれなムーブメントダンスです。

大きく分けると、ブラック系とシアター系に分けられます。日本では、映画「座頭市」がビート感あふれるブラック系です。
「雨に歌えば」や「トップハット」に代表されるブロードウェイミュージカルのシアター系では、華やかな上半身のムーブメントが見受けられます。
これは、バレエの要素やジャズダンス、社交ダンスのエッセンスを取り入れスイングジャズにのせるなど、とてもおしゃれなムーブメントダンスです。

タップダンスの魅力

タップダンスはエンターテイメント性が高く、群舞やラインダンスなどサウンドがピッタリひとつになると、とても感動的なシーンとなります。また、ソロダンスとしても心に訴えかけ、デュエットダンスとしても素敵な語らいを表現します。  タップダンスは、心の響きを軽やかなタップサウンドにのせていくのが命です。単なる音でなく音色となるのです。 私は、心のサウンドを自分の体「膝」を通してタップシューズへと命を吹き込み、愛のリズムを多くの方々と編み出し人間の素晴らしさ、生きていくことの素晴らしさを感じ表現していきたく、日々研鑽を積んで参りたいと思っております。

タップダンスはエンターテイメント性が高く、群舞やラインダンスなどサウンドがピッタリひとつになると、とても感動的なシーンとなります。また、ソロダンスとしても心に訴えかけ、デュエットダンスとしても素敵な語らいを表現します。
タップダンスは、心の響きを軽やかなタップサウンドにのせていくのが命です。単なる音でなく音色となるのです。
私は、心のサウンドを自分の体「膝」を通してタップシューズへと命を吹き込み、愛のリズムを多くの方々と編み出し人間の素晴らしさ、生きていくことの素晴らしさを感じ表現していきたく、日々研鑽を積んで参りたいと思っております。

タップダンス講師 藤井真梨子 東京都出身タップシティー 代表取締役  ・宝塚音楽学校講師  ・日本女子体育大学     舞踊学専攻講師~主な振付作品~  ・東宝ミュージカル   「42NDSTREEET」 他  ・宝塚月組公演   「ME AND MY GIRL」他  ・ミュージカル   「アニー」2002年~ 他


タップダンス講師

藤井真梨子

東京都出身
タップシティー 代表取締役
・宝塚音楽学校講師
・日本女子体育大学
   舞踊学専攻講師

~主な振付作品~
・東宝ミュージカル
 「42NDSTREEET」 他
・宝塚月組公演
 「ME AND MY GIRL」他
・ミュージカル
 「アニー」2002年~ 他